16日に日韓局長級会合 輸出規制巡り3年半ぶり

2019年12月5日 16時00分
 梶山弘志経済産業相は五日、半導体材料の対韓輸出規制を巡る日韓の局長級会合を十六日に東京で開くと明らかにした。四日にウィーンで開いた局長級の準備会合で合意した。日韓の貿易管理当局による局長級会合の開催は二〇一六年六月以来、三年半ぶりで、日本が七月に始めた半導体材料の輸出規制強化以降で初めてとなる。
 梶山氏は経産省で記者団に「対話を通じて大量破壊兵器の不拡散に向けた協力が進むことを期待している」と話した。局長級会合では、軍事転用可能な技術の管理体制などに関して意見交換するという。日本からは飯田陽一貿易管理部長が出席する。韓国産業通商資源省は、両国の懸案解決に寄与する事案を深く議論するとしている。
 日本側は輸出規制強化は安全保障上の国内運用の見直しであり、韓国との協議事項ではないと説明している。梶山氏は「いつまでに(見直す)という期限はない。話し合いで前向きな議論をしていく。十六日にどういう話がなされるかだ」と述べた。安倍晋三首相は今月下旬に韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と会談する意向だ。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧