桜を見る会 菅氏「予備データ 行政文書でない」 回答窮する

2019年12月5日 02時00分
 菅義偉(すがよしひで)官房長官は四日の記者会見で、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡り、今年の招待客名簿を政府が「破棄した」と国会で答弁した五月の時点で、残っていた予備データについて「行政文書に該当しないので、情報公開請求の対象にならない」との見解を示した。
 菅氏は情報公開請求の対象となる電子データについて「保有する行政機関の通常の設備や技術で、内容を一般人に認識できる形で提示できるものに限られる」と定義。予備データは「一般の職員が取り出すことができず、業者に頼まなければ取り出せない状況にあった」と説明した。国会議員の資料請求にも応じる必要がないとの考えを示した。
 予備データがあった時期については「五月七日から九日ごろに(名簿の)データを消去した後、最大八週間残っていた」と認めた。
 記者会見では、これまでの政府説明との整合性を問う質問が相次ぎ、菅氏が回答に窮する場面もあった。「少々お待ちください」と、職員のメモの差し入れを待つことが五回あった。
 野党はこの日の桜を見る会追及本部で、電子データを消去した日時の記録を示すよう求めた。内閣府の酒田元洋総務課長は「職員に聞き取ったが、ルールにのっとって廃棄したので、ログ(記録)解析をする考えはない」と拒否した。 (清水俊介)

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧