足湯ブーツ 動きながら冷え解消

2021年12月14日 07時31分

足湯ブーツ(左)。足湯を履いている気分で、自由に動ける(右)(上)・(右)(下)

 手軽に体を温めたいときに足湯をやってみたいのだが、仕事に家事に忙しい身では、動けなくなることがネック。この商品の広告に「歩ける足湯ブーツ」の一文を見て「これだ!」と早速取り寄せた。
 「クロッツ 足湯ブーツ」(9790円)は老舗ウエットスーツメーカー・ヘルメット潜水(大分県)の商品。なるほど、ウエットスーツの素材だから軽量で防水性が高いのか、と感心。使い方は簡単で、添付の「薬用ホットタブ重炭酸湯」(通常は別売り)のタブレット1錠を43度程度の湯1リットルで溶かし、ブーツに半量ずつ注ぎ、足を入れて、留め具を閉じる。チャポチャポと音はするが、予想以上に普通に歩ける。掃除するもよし、料理するもよし、自由に動けて足も心も快適だ。さらに、角質もとれて肌がツルピカになったのには驚いた。
 もちろん、湯量が少ないので温度はすぐ下がるが、ぬるめの湯で効果が期待できる重炭酸湯とセットで使うところが決め手。そもそも商品の開発は、タブレット製造元からの声掛けで始まったという。愛用者にはアスリートや芸能人も多いそうだ。進化形として湯たんぽ機能が付いた保温効果の高い商品(1万7600円)も登場。冷え性の人にオススメだ。 (村手久枝)

<足湯ブーツ> サイズはS(22〜24センチ、約450グラム)、M(24.5〜26センチ、約480グラム)、L(26.5〜28センチ、約570グラム)。レッドとネイビーの2色。公式オンラインショップで現在、薬用ホットタブ重炭酸湯(30錠)をプレゼント中。(問)0978・67・2251ヘルメット潜水


関連キーワード


おすすめ情報