「より安全な中絶の選択肢を」…医師らが厚労省へ署名提出 安価な経口中絶薬の認可など求める

2021年12月14日 17時29分

より安全な中絶・流産の選択肢を求める署名と要望書を厚生労働省の担当者(右)に提出する遠見才希子医師(左側手前)ら

 より安全な人工妊娠中絶手術や経口中絶薬の普及などを求め、産婦人科医らの有志団体が14日、賛同するオンライン署名4万2000筆余と要望書を厚生労働省に提出した。代表の遠見才希子さきこ医師は会見で「多くの国で薬剤による中絶・流産が承認されている。世界標準の安全な医療・ケアが平等、公平に提供されることが必要」と述べた。
 団体は「Safe Abortion(セーフ・アボーション) Japan Project」。要望書では、安価な経口中絶薬の認可や中絶手術をより安全な「真空吸引法」に切り替えることなど計5点を求めた。
 国内では、金属製の器具で子宮内をかき出す「掻爬そうは法」の中絶手術が今も行われ、流産の際も同様の手術が実施されることがある。掻爬法は、世界保健機関(WHO)が合併症発生の観点から「時代遅れ」と指摘している。経口中絶薬は少なくとも80カ国で使用されているが、国内では未承認で、年内に承認申請が行われる見込みという。
 団体名の「セーフ・アボーション」は安全な人工妊娠中絶・流産を意味する。活動は今年9月末から展開した。(奥野斐)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧