恒例のヨシ焼き、3月5日に実施 渡良瀬遊水地

2021年12月15日 08時03分
 栃木、群馬、埼玉、茨城の四県にまたがる渡良瀬遊水地で春恒例「ヨシ焼き」の日程が来年三月五日に決まった。周辺自治体などで構成する渡良瀬遊水地ヨシ焼き連絡会主催。
 ヨシ焼きは、遊水地面積の約半分を占める約千五百ヘクタールのヨシ原を半日にわたって焼く。害虫駆除や良質なヨシの育成などが目的で、一九六〇年代以降、組織的に行われるようになった。昨年は天候不良で実施されず二年ぶりの開催となる。
 主催者は新型コロナ感染拡大防止のため、見学自粛を呼びかけており、会場周辺は立ち入り禁止となる。
 火入れ開始は午前八時半。実施の最終決定は当日午前六時。気象条件によって六、十二、十九日のいずれかの予備日に延期する。当日の問い合わせは実施本部=電0282(62)1161=へ。(梅村武史)

関連キーワード


おすすめ情報