10万円相当給付、政府方針「迷走」と世田谷区長が苦言 現金一括給付、江東区も

2021年12月16日 07時12分
 政府が進める十八歳以下の子どもへの十万円相当の給付で世田谷区の保坂展人区長は十五日、全額を現金で一括給付すると表明した。

世田谷区の保坂展人区長


 区によると、対象は約五万七千世帯。うち児童手当の対象となる中学生以下の約三万九千世帯は年内に支給される。児童手当の対象ではない十六〜十八歳の子どもがいる世帯などは申請が必要で、一月下旬以降になる見込み。保坂区長は記者会見で「クーポンの目的は卒業や新学期の出費への備えだが、時間も費用もかかる。区民や議会の声も踏まえた」と説明した。
 政府方針が二転三転したことには「迷走。自治体の声や子育て層の話を聞くプロセスが必要ではないか」。岸田文雄首相がアピールする「聞く力」には「変化させてほしい」と訴えた。
 江東区も十五日、現金で一括給付すると発表した。年内に開始する。給付対象は四万一千世帯の六万二千人。うち児童手当を受給する三万世帯の四万八千人には二十四日に一括給付する。他の世帯には来年一月下旬以降に一括給付する。(山下葉月、井上靖史)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧