「連合」ってどんな団体? 政治に影響力があるのはなぜ?

2021年12月19日 06時00分
 日本最大の労働組合の全国中央組織「連合」は先の衆院選について、立憲民主党や共産党などの野党共闘に批判的な総括をまとめました。労働者が団結して賃金や雇用環境などの改善を勝ち取るための団体である労組がなぜ、政治に影響力を持つのでしょうか。

◆労働組合まとめる全国組織

 Q 連合って何。
 A 正式名は「日本労働組合総連合会」です。業界ごとに分かれた48の産業別労働組合(産別)と、中小零細企業や個人を主な対象にした47の地方連合会から成り立っています。12月2日現在、組合員は約704万人。経営側の経団連が自民党を支援するのに対し、連合は立民、国民民主両党の最大の支援組織で、両党には産別出身の議員がいます。
 Q 労組が政党を支える理由は。
 A 労働環境を良くするには、労使交渉に加え、制度や法律の改正など政治の力も大きいからです。連合初の女性トップ、芳野友子会長は本紙に「各企業の労使関係、労働条件の改善に取り組むだけでは生活は良くならない。働く人、生活者の立場に立った政治勢力の拡大が、政策を実現するためには重要だ」と説明しています。

◆野党共闘にも物申す

来夏の参院選に向けた取り組みなどを語る芳野友子連合会長=東京都千代田区で

 Q 衆院選で立民と関係がぎくしゃくしました。
 A 立民が共産と政策の実現に必要な範囲でのみ協力する「限定的な閣外協力」を確認したことに連合は不快感を示し、立民議員を支援しなかったケースもありました。国民民主は共産と距離を置き、衆院選後は国会で立民との協力関係を解消しました。
 Q なぜ、共産との協力に否定的なのですか。
 A 1989年の連合発足時、共産系の労組が路線の違いで合流せずに「全国労働組合総連合(全労連)」を結成し、対立した経緯が背景にあります。連合傘下の産別も、公務員中心で旧社会党を支えた日本労働組合総評議会(総評)系や、民間企業主体で旧民社党を支持した全日本労働総同盟(同盟)系など政治的な考えに違いがあります。
 Q 政権交代可能な勢力を求める声もあります。
 A 立民、国民両党と関係が深い連合は鍵を握る存在です。2009年には旧民主党政権誕生を後押ししました。連合には政治的な主張の違いで対立をあおるのではなく、それぞれの立場や多様性を認めつつ、労働者の幅広い民意を政治に反映するため、非自民勢力の結集を促す役割が期待されます。(大野暢子)

関連キーワード


おすすめ情報