日大の田中英寿前理事長、起訴内容認める方針「大金が急に入り、迷った末...」と供述か 5200万円脱税事件

2021年12月20日 19時02分
日大の田中英寿前理事長=日本大学ホームページより

日大の田中英寿前理事長=日本大学ホームページより

 日本大学前理事長の田中英寿容疑者(75)の脱税事件で、東京地検特捜部は20日、所得税法違反罪で田中容疑者を起訴した。特捜部は妻も共謀した疑いがあるとみて捜査していたが、従属的な立場だったとして立件を見送った。田中被告は起訴内容を認め、修正申告する方針。弁護人は同日、東京地裁に保釈を請求した。
 起訴内容によると、田中被告は2018年と20年、日大医学部付属病院の建て替え計画などを巡り、日大の取引業者から受け取ったリベートなど約1億1800万円を税務申告せず、所得税計約5200万円を脱税したとされる。
 隠した所得の内訳は、医療法人「錦秀会」前理事長の籔本雅巳被告(61)=背任罪で起訴=からの計7500万円、大阪府の設計事務所からの1000万円、日大工学部の災害復旧工事を受注した金沢市の建設会社からの3000万円と、元理事の井ノ口忠男被告(64)=同=が業者から集めた300万円。事業受注の謝礼や理事長再任祝いなどの趣旨だった。
 関係者によると、田中被告は逮捕当初、現金授受を否定し「税務申告は妻が税理士に頼んでおり、任せっきりだった」と容疑を否認。しかし、妻が籔本被告に、現金提供のお礼を伝えた留守番電話のメッセージが残っていたことが判明。妻に嫌疑が及ぶことを危惧し、脱税容疑を認める考えに転じたという。「給与、不動産所得以外の大金が急に入り、迷った末、税務申告しないように妻に指示した」などと供述したとみられる。
 先月29日の逮捕を受け、日大は今月1日に田中被告の理事長辞任を了承し、3日に理事を解任。15日には評議員も解任した。

関連キーワード


おすすめ情報