<テークアウト グルメ>東京駅・品川駅・新横浜駅ほか(品川貝づくし)

2021年12月21日 07時17分

◆品川発 駅弁ナンバー1

<1>

 人気の駅弁といえば肉や海鮮が派手に目立つ中、地味ながらがっちりとファンをつかんでいるのがこれ。
 「品川貝づくし」(1000円)=写真(1)=はジェイアール東海パッセンジャーズ(東京都中央区)が製造する約30種の弁当の中でも圧倒的売り上げ1位。2003年、東海道新幹線品川駅開業に合わせて開発。かつて海だった品川周辺では、アサリやハマグリが採れたことから、貝をメインにした。
 入っているのはアサリ、ハマグリ、シジミ、ホタテ、貝柱(イタヤガイ)の5種。基本は醤油(しょうゆ)ベースで煮て、アサリには生姜(しょうが)、シジミには山椒(さんしょう)を加え、ホタテは焼いて香ばしさを出すなど、それぞれに変化をつけた。箸を入れれば海苔(のり)や錦糸卵、アオサものった茶飯が顔を出す。海苔は江戸前をイメージ。アオサで磯の香りも演出した。2017年には飲食の大規模な業務用展示会で「惣菜(そうざい)・べんとうグランプリ」金賞を受賞。食のプロたちにも認められた。
 食事としてだけでなく、酒にも合うと、新幹線を利用するビジネスマンの評価も高い。関東圏限定販売だったが、18年からは関西方面にも拡大。今では名古屋を除く東海道新幹線のぞみ停車駅で販売している。

<2>

 東京駅なら改札外で購入できる店が2店ある。八重洲南口の「おむすび処こめいん」=写真(2)=と同北口の「プレシャスデリ東京」。いずれも完売が早い。確実に買いたいなら事前予約がオススメだ。 (さりあ)
 事前予約は受け取りの3日前まで。JR東海「いいもの探訪」サイトでウェブ予約できる。問い合わせは、東京駅で受け取りの場合(電)0120・616・138ジェイアール東海パッセンジャーズお弁当窓口(8〜21時半)

関連キーワード


おすすめ情報