アベノマスク、年度内めどに廃棄へ 岸田首相が表明

2021年12月21日 19時08分
アベノマスクを着用する安倍元首相

アベノマスクを着用する安倍元首相

 岸田文雄首相は21日、記者会見を開き、新型コロナウイルス対策として配布した「アベノマスク」の在庫について、希望者に配布して有効活用した上で「年度内をめどに廃棄を行うよう指示した」と述べた。
 首相は、昨年春の時点で国民がマスクを入手できず困っていたが、製造流通が回復し、「マスク不足の心配は完全に払拭され、初期の目的は達成された」と説明。
 「5億枚を超える高性能マスクの備蓄がある。財政資金効率化の観点から」と廃棄を決めた理由を述べた。
 アベノマスクを巡っては、8000万枚を超す在庫があり、昨年8月から今年3月にかけての保管費は約6億円に上った。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧