真・東京03探検隊 「土との対話が大切? 没頭できる陶芸のおもしろさとは?」(TNCA☆南青山スタジオ・前編)

2022年1月12日 10時01分

お笑いトリオ“東京03”が、大人の好奇心を満たすディープな世界に飛び込む!

お笑いトリオ「東京03」のメンバーが、これまで知らなかった未知なる世界に足を踏み入れ、さまざまな新発見と出合う人気の連載。
考古学、芸術、科学、サブカルなど、あらゆる分野に触れて見聞を広め、“デキる大人”としてのたしなみを磨きます!
今回のテーマは“陶芸”です。土を練り、ろくろを回して自分が理想とする器を作っていく陶芸は、高い集中力と繊細さが求められるもの。わずかな力加減の変化や心の乱れで形はくずれてしまいますが、完成した時の達成感も大きく、最近では心を無にして没頭できる趣味として楽しむ人も増えています。知れば知るほど奥が深い、陶芸の世界。その魅力を、探検隊の3人が身をもって体験してきました!
【今回の取材の裏側を動画でご覧いただけます】
これからも「真・東京03探検隊」取材の様子をご覧になりたい方は是非YouTube『東京新聞チャンネル』をご登録ください!

異彩を放つ工房で、いざ陶芸体験!

ということで3人がやってきたのは、東京都港区の表参道にある陶芸工房「TNCA☆南青山スタジオ」。
入口は道路から階段を下ったところにあり、隠れ家のような雰囲気が感じられます。

角田隊員

角田隊員

「表参道に陶芸の工房かー。なんだかおしゃれだね」

中に入ると迎えてくれたのは、工房の代表を務める陶芸家、中野拓さん。今回、3人にいろいろとレクチャーしていただきます。

中野さん

中野さん

「はじめまして、中野拓と申します。今日はよろしくお願いします」

飯塚隊員

飯塚隊員

「こちらこそ、よろしくお願いします!!」

豊本隊員

豊本隊員

「いやー、なかなかファンキーな先生ですね(笑)」

中野さん

中野さん

「先生じゃなくて、拓さんでいいですよ(笑)」


角田隊員

角田隊員

「そして、とてもフレンドリーだ」

スラっとした体躯とやわらかな物腰がとても印象的な中野さん。独特の世界観を陶器に投影する異色の陶芸家として、国内外のメディア出演をはじめ、さまざまなフィールドで活躍されています。

飯塚隊員

飯塚隊員

「なんだかすごく個性的な器がいろいろ並んでますね。オリジナリティがあるというか」

中野さん

中野さん

「宇宙をモチーフにした器、というのがひとつのコンセプトでして。純金や、プラチナ、チタンなどの希少金属を粘土に焼き付けて、通常の陶器にはない金や銀、虹色を表現しています。“ラスター”というのですが」


豊本隊員

豊本隊員

「おー、なんかおしゃれ! すごい独創的だ。アート作品みたい」

角田隊員

角田隊員

「え、今から我々はこれを作るんですか?」


中野さん

中野さん

「いえ(笑)。何事も基礎が大切。今日はみなさんには、ろくろを回して器を形成する陶芸の基礎工程を、実際に体験していただきます」

土で汚れてしまうので、まずは作務衣に着替えましょう。3人とも、やる気満々です。

飯塚隊員

飯塚隊員

「おー、やっぱり角田さん似合いますね(笑) 本物の陶芸家みたい」

角田隊員

角田隊員

「いや、そうでもないだろ(笑)」

それでは、さっそく陶芸体験をスタート!
「今日はどんなものを作るか、なにかイメージをお持ちですか?」と中野さんに問われた3人。

飯塚隊員

飯塚隊員

「いや、特に考えてはいなかったけど、湯呑みとかかなー」


豊本隊員

豊本隊員

「僕はお茶碗で」


角田隊員

角田隊員

「お茶碗は買ったばかりなので、お皿でお願いします!」

中野さん

中野さん

「器は“料理の着物”ともいいまして。実際にどんな料理に使うかイメージしながら器を作っていけば、より楽しみ方が広がると思いますよ」


飯塚隊員

飯塚隊員

「なるほど! 色とかも重要ですもんね」

中野さん

中野さん

「はい。例えば、白米ならば黒いお茶碗がかっこいいし、お茶だと白とか茶色とか。具体的なものをイメージしていただければ」

飯塚隊員

飯塚隊員

「角ちゃんはフライドポテトだよね」

角田隊員

角田隊員

「いや、なぜ?(笑) 家でそんなに食べませんけど」

中野さん

中野さん

「なるほど(笑) では、角田さんはフライドポテトをイメージしながら進めていきましょう」

角田隊員

角田隊員

「あ、それはもう決定なんですね(笑)」


土を練って、陶器の土台を作る

3人の作る器がそれぞれ決まったら、まずは土を練る作業から。陶器を作る上でとっても大切なことなのだそう。
中野さん

中野さん

「 “荒練り”といいまして。土には固い部分とやわらかい部分のバラつきがあるので、均等にしていきましょう」


まずは中野さんがお手本。土を揉み、牛の頭のような形になったら折り畳む、を繰り返します。
中野さん

中野さん

「はい、ではやってみましょうか」


3人横並びで、荒練りに挑戦。

飯塚隊員

飯塚隊員

「思ったよりやわらかい! でも牛の頭みたいには全然ならないよ(笑)」

中野さん

中野さん

「左足が前、右足が後ろで。腕のみでやると重労働なので、体重をギューッとかけるように」


中野さんのアドバイスを聞きながら、なんとか土を揉み続けます。

角田隊員

角田隊員

「これは、結構大事な作業なんですか? 疎かにすると、出来上がりを左右するような…」

中野さん

中野さん

「ええ。土の固さに違いがあると指がはじかれてしまい、ろくろをうまく回せないんです」


続いては“菊練り”。ひび割れの原因となる土の中の空気を取り除く作業です。上手にやると菊の花びらのような形になるのが名の由来だそう。さきほどの荒練りよりも難易度は上がります。
中野さん

中野さん

「粘土の芯に手を落として揉んでいくと、菊っぽい形になっていきますよ」

角田隊員

角田隊員

「いや、簡単に言いますけど拓さん(笑)これは、かなり難しいんじゃない?」

3人とも、菊練りにはかなり手こずっているよう。

角田隊員

角田隊員

「全然だめだ。菊っていうよりも、バラっぽくはなりましたけど(笑)」


飯塚隊員

飯塚隊員

「いや、バラっぽくもねーわ。そんなもん!(笑)」


このままだと菊練りが延々と続いてしまうので、最後は中野さんにフォローしてもらい、なんとか終了。これでろくろを回す前の土台作りが完了しました。
飯塚隊員

飯塚隊員

「いやー、難しい。でもこれがしっかりできてないと、ろくろを回してからとんでもないことになっちゃうんだもんね」


角田隊員

角田隊員

「しかし初心者とはいえ、こんなにもできないもんかね(笑)」

中野さん

中野さん

「陶芸の世界では、“土練り3年”ともいわれますから。なので、いきなりやってうまくできないのは当然ですよ」

「拓さんは、独学ですか」と、飯塚隊員。
中野さん

中野さん

「はい。元々誰かに教えられるよりも、自分でやり方を見つけるのが性に合ってるんですよね」


サラリーマン時代に陶芸と出会ったのが陶芸家の道に進むきっかけになったという、異色の経歴を持つ中野さん。それまで品質や大量生産、ブランドなどが重要視された世界にいた中野さんの価値観が、陶芸によって大きく変えられたのだそう。
中野さん

中野さん

「陶器は、時間はかかるし品質は安定しないし、ブランドでもない。けれでも、出来上がった作品には不思議な魅力があります。世界にひとつのモノですからね。それこそ、ただの発泡酒も陶器に注げば黄金のビールになるような」


豊本隊員

豊本隊員

「おー、いいこといいますねー!」


飯塚隊員

飯塚隊員

「でも、土に触れていると楽しいかも。なんだか気持ちが落ち着くというか」

中野さん

中野さん

「楽しいですよね、感触もよいですし。陶器は土、火、水と自然のものを使って作りますから、そういったナチュラルな風合いも魅力だと思います」

そして、いよいよろくろの前へ。練り終えた粘土を電動ろくろで回しながら、器を形成していきます。
その前に粘土の“下準備”が必要、と中野さん。
中野さん

中野さん

「粘土のクセをとって、自分のいうことをききやすい状態にすることを“土殺し”といいます。先ほども言いましたが、粘土に固い部分があると指がはじかれてしまうので、そういった部分をなくしていきます」

中野さん

中野さん

「ろくろを回しながら粘土をこんな風に上げたり下げたりすることで、固い部分が土の中にらせん上に溶け込んでいきます。これを繰り返すと固い部分がなくなり、回転に対してスムーズに作れるようになるんですね」


飯塚隊員

飯塚隊員

「うおー、すげー! これは拓さんにやってもらわないと難しいものなんですか?」

中野さん

中野さん

「そうですね、みなさんがやるとちょっと大変なことになるかと(笑)」


・・・後編へつづく。
次回は、1月26日(水)更新予定です。
お楽しみに!
◆◆◆

読者プレゼントのお知らせ

今回の読者プレゼントにつきまして、東京03の3人が作った作品のうちの1つを特別に読者の皆様へプレゼントいたします。
プレゼントの詳細は、1月26日(水)更新の後編で紹介いたします。

取材協力/TNCA☆南青山スタジオ
表参道駅から徒歩3分ほど、国内外で注目される気鋭の陶芸家・中野拓氏が手掛けるスタジオ。一日陶芸体験や、3つのクラスに分かれた陶芸の会員教室などのプログラムを実施しており、国内はもちろん外国人利用客も多い。また、天然漆を用いてひびが入ったり割れたりした器を修復する“金継ぎ”の体験も可能。プログラムは完全予約制。
DATA
住所/東京都港区南青山3-8-2
営業時間/11:00~21:00※曜日やプログラムによって異なる
定休日/無休

※新型コロナウィルス感染症の影響で、掲載したお店や施設の臨時休業および、営業時間などが変更になる場合がございます。事前にご確認ください。
◆◆◆

今回の取材の裏側をこちらの動画でご覧いただけます。これからも「真・東京03探検隊」取材の様子をご覧になりたい方は、ぜひYouTube『東京新聞チャンネル』に登録お願いします。

関連キーワード


おすすめ情報

東京03探検隊の新着

記事一覧