半世紀ぶり、砂漠に復活した湖が鳴らす警鐘「水がなくなる時は敦煌が終わる時だ」

2022年1月4日 06時00分
<連載「ワン・プラネット 深まる気候危機」>
 シルクロードの交易都市として栄えた中国北西部、甘粛省敦煌とんこう市。昨年12月上旬、街から北へ50キロメートルほど車を走らせると、砂漠の中に白く凍りついた湖が現れた。湖岸には水草が茂り、水鳥のさえずりが聞こえる。

砂漠に出現した哈拉諾爾湖。祁連山脈の氷河が溶けて水が大量に流れ込み、半世紀ぶりに水が満ちた

 湖は数年前に突如出現し、地元の住民を驚かせた。年々水量が増え、今や面積は24平方キロメートルに及ぶ。「敦煌には水辺がなかったから、最近は遠出して湖を眺める市民も増えている」と、地元ガイドの孔燕芬こうえんふん(33)は笑う。
 湖は「哈拉諾爾はらだくじ湖」と呼ばれる。1950年代に気候乾燥や、人口増による灌漑かんがい用水の使用増加で河川の流れが途絶え、完全に干上がった。半世紀ぶりに水が戻ったのは、敦煌の南方にそびえる祁連きれん山脈の氷河が急速に解け、河川の流量が増えたためだ。

◆急激な減少進む氷河


昨年12月上旬、敦煌郊外の砂漠地帯を流れる党河


 祁連山脈は「世界の屋根」と呼ばれるチベット高原の北端に位置し、東西2000キロメートルにわたって標高6000メートル級の山々が連なる。氷河は敦煌や酒泉しゅせんなど甘粛省の砂漠地帯に点在するオアシス都市を潤している。
 だが、氷河の減少が今、急激に進む。同山脈を源流とする河川の1つで、敦煌を流れる「党河」の水源近くでは、氷河から流れ出る水が勢いよく山を下っていた。上流部では洪水で岩石が押し流された跡も。別のガイドの王静おうせい(34)は「祁連山脈の氷河は温暖化でどんどん解けて減っている。昔は観光客が近づけるスポットも多かったが、今はほとんどない」と話す。
 以前は氷河を観光地として積極的に売り出していた地元当局も、道路整備や自動車の往来が氷河減少を加速するとして、入山を規制するようになった。

◆水不足に警戒、新たな畑を禁止に

 敦煌近郊の農家は不安を募らせる。敦煌は農業や牧畜が盛んで、強い日差しの下、甘いブドウやスイカが育つ。ただ、年間降水量は40ミリと東京の約40分の1で、氷河から流れ出る党河の水は欠かせない。

昨年12月上旬、敦煌近郊で、羊の放牧をする農家の男性。敦煌一帯の農業や牧畜は祁連山脈の氷河の水で支えられている

 代々続くブドウ農家の史素霞しそか(65)は「氷河が解けきって水がなくなれば、砂漠に囲まれた敦煌では農業を続けられなくなる」と不安を隠さない。
 地元政府も将来的な水不足を警戒。水の消費を抑えるため、新たに畑をつくることを禁止した。隣接する青海省から水路を引くことも検討している。
 敦煌から西に約400キロメートルの砂漠には、1600年前に水が枯れ、砂に埋もれた幻の湖ロプノールと、湖畔に栄えた古代都市「楼蘭ろうらん」の遺跡がある。地元では今、「敦煌をロプノールにしてはいけない」という危機感が強まっている。史はつぶやく。「氷河の水は命の水。水がなくなる時は敦煌が終わる時だ」(敬称略、中国甘粛省敦煌で、坪井千隼、写真も)
▶次ページ:氷河減少で洪水、干ばつのリスク 中国政府の危機感と課題
前のページ

おすすめ情報

国際の新着

記事一覧