最高齢田中カ子さん119歳に 明治から令和まで5時代生きる

2022年1月2日 15時39分 (共同通信)
 ピースサインをする田中カ子さん=2021年9月、福岡市(福岡県提供)

 ピースサインをする田中カ子さん=2021年9月、福岡市(福岡県提供)

 世界最高齢に認定されている福岡市の田中カ子さんが2日、119歳の誕生日を迎えた。日露戦争開戦の前年、1903(明治36)年に生まれ、明治から令和まで五つの時代を経験。親族によると、来年迎える「120歳」がかねての目標だという。
 9人きょうだいの7人目として、福岡県旧和白村(現福岡市)で生まれた。19歳で結婚。37年に日中戦争が始まり夫や長男が相次ぎ出征する中、うどん店を切り盛りして家庭を支えた。
 普段は入所する市内の老人ホームで、職員と身ぶり手ぶりでコミュニケーションを取り、計算問題にも挑戦する。大好物は炭酸飲料やチョコレート。

関連キーワード


おすすめ情報

話題の新着

記事一覧