アフリカ開発 中国をけん制 安倍首相「借金漬け」と指摘

2019年8月29日 16時00分
 横浜市で開催中の第七回「アフリカ開発会議(TICAD)」は二十九日、日本の企業関係者が参加する「官民ビジネス対話」を行い、二日目の討議を実施した。安倍晋三首相はあいさつで「相手国が借金漬けになっては、皆さまの進出を妨げる」と指摘。開発に伴いアフリカの一部の国が債務超過に陥っている問題を念頭に中国をけん制した。
 中国の過剰融資を受けた国の財政悪化問題を巡り、債務管理の専門家を派遣するほか、延べ三十カ国の担当者にリスク管理の研修を実施する計画を重ねて紹介した。
 首相は「アフリカの市場規模は拡大の一途だ。大陸全土が巨大経済圏になる日が見えている」と訴え、日本企業に積極的な進出を働き掛けた。
 対話は、日本企業が進出に向けた要望などをアフリカ諸国の政府に伝え、ビジネス環境の整備につなげるのが狙いで、TICADでの開催は初めて。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧