1ページ文書は「仏の意向」 菅官房長官

2019年8月27日 16時00分
 菅義偉(すがよしひで)官房長官は二十七日の記者会見で、G7サミットが包括的な首脳宣言を見送ったことで存在感が低下したとの指摘があることに反論した。「今回のサミットではG7首脳が胸襟を開いて突っ込んだ議論をした。結束して諸課題の解決を追求する上で極めて有意義だった」と述べた。
 総括文書が一ページの簡潔なものにとどまったことについて「議長国フランスの意向と方針だ。最近、特に動きのあった問題について簡潔に記載することになったと理解している」とした。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧