岸田首相、日米地位協定の見直し否定…「現実的な対応が大事」 本紙「水際対策の抜け穴」と質問に<新型コロナ>

2022年1月6日 20時58分
首相官邸に入る岸田首相=東京・永田町

首相官邸に入る岸田首相=東京・永田町


 岸田文雄首相は6日、在日米軍部隊の検疫や新型コロナウイルス感染拡大防止対策を米側に委ねる根拠となっている日米地位協定について「改定は考えていない」と語った。官邸で記者団の取材に応じた際、本紙の質問に答えた。
 米軍は地位協定や日米合同委員会合意などにより、日本側の検疫や対策が及ばない決まりになっている。本紙は、特権的な対応を認める日米間の取り決めが水際対策の抜け穴になっているとして、協定の改定を検討するかをただした。
 首相は見直しを否定した上で「日米で意思疎通を図り、現実的に対応するのが大事だ」と話した。
 米軍は昨年9月以降、出入国時の検査をしていなかった。日本政府の要請を受け、昨年12月に出国前72時間以内と、日本到着後24時間以内の検査実施に改めた。(上野実輝彦、川田篤志)

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧