<新型コロナ・8日>東京都で新たに1224人感染 2回接種済みのブレークスルー感染が46%

2022年1月8日 21時27分
 東京都で8日、新型コロナウイルスの新規感染者が1224人確認された。1週間前の同じ曜日の約15倍で、1000人を超えるのは流行「第5波」の終盤だった昨年9月15日以来。年代別では20代が最も多く、全体の42%を占めた。感染者の46%がワクチンを2回接種済みのブレークスルー感染だった。
 重症者は1人増の4人で死者の発表はなかった。新変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、都は8日から、これまでの全員原則入院から軽症・無症状の患者は原則宿泊療養、事情がある人は自宅療養を認める対応に切り替えた。
 小池百合子知事は8日夜、オミクロン株に感染した疑いがある人の割合が推計で全体の7割を超えたと明かした上で、10日の成人式に向けて「成人式後の飲食は感染拡大につながる。飲む時食べる時以外はマスク着用を徹底してほしい」と呼び掛けた。
 このほか神奈川県で354人、埼玉県で332人の感染が確認され、いずれも昨年9月以来の300人超え。千葉県でも239人が感染し、首都圏全体でも感染が急拡大している。(加藤健太、土門哲雄)

おすすめ情報

東京の新着

記事一覧