<山崎まゆみのバリアフリーで行こう>東伊豆(下) 入浴介助でゆったり温泉

2022年1月12日 07時15分

入浴介助をする清水治子さん=あ・える倶楽部提供

 高齢者や身体の不自由な人の、ちょっとした外出や国内外の旅行をサポートするトラベルヘルパーが、静岡・伊豆半島の東伊豆地域にいます。「トラベルヘルパーセンター東伊豆」には、移動や食事介助など、必要なことに限定した介助を依頼できます。
 温泉トラベルヘルパーの愛称で親しまれる清水治子さんは特筆すべき方です。宿泊先のホテルや旅館を訪れ、入浴介助をしてくれます。東伊豆の観光名所などを話しながら、手慣れた様子でお風呂に入れてくれることもあります。介護に慣れている家族でも、初めて入る旅館のお風呂の入浴介助は難しいものですが、清水さんでしたら安心して任せられます。
 今回はトラベルヘルパーセンター東伊豆の代表・吉間厚子さんが、お客さんを案内して喜ばれたスポットを教えてくれました。
 まずは干物など海産物加工品を購入でき、軽食も取れる徳造丸水産直営の「海鮮家 徳造丸」の志津摩(しづま)店。国道135号沿いにあり、目の前が駐車場です。店内は通路が広く、多目的トイレもあります。稲取産のキンメダイが有名ですが、金目の姿煮が手軽な値段(1944円)で手に入りますし、ボトルに入った「秘伝の煮汁」はベストセラー。「金目鯛(きんめだい)わっぱ飯弁当」(1080円)を海を見ながら外で食すのも乙なものです。

熱川バーベキューjun jun店内。車いすで利用しやすい

 室内で食事をするなら、伊豆急伊豆熱川駅からほど近く、“熱川ポーク”で知られる地元の銘柄「ふじのくにいきいき豚」をいただける「熱川バーベキューjun jun」へ。広い店内はテーブル席で利用しやすく、ポーク丼がおすすめ。3世代旅行者はバーベキューで熱川ポークを楽しむそうです。
 車を30分ほど走らせると、晴れた日は頂上から富士山を眺められる絶景スポットの大室山に着きます。吉間さんが「山頂へのロープウエーに乗る時はゴンドラを止めてくれますし、お客さまが使われている車いすを運ぶこともできます。また山頂で車いすの貸し出しもしていますし、多目的トイレもあります」と教えてくれました。 (温泉エッセイスト)
<メモ> トラベルヘルパーセンター東伊豆 静岡県東伊豆町片瀬631の1。(電)0557・22・3455

関連キーワード


おすすめ情報

シニア・介護の新着

記事一覧