首相、地上イージスで謝罪 秋田演説で調査ミス認め「必要だ」

2019年7月14日 02時00分

「イージス・アショア」問題について謝罪する安倍首相=13日午後、秋田県大館市で

 安倍晋三首相は十三日、政府が目指している地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の秋田県への配備に関して、防衛省による調査ミスや不手際が相次いだことを重ねて謝罪した。「緊張感のない対応があったことは極めて遺憾であり、言語道断だ。県民の皆さんに心からおわび申し上げたい」と述べた。同県大館市や秋田市などでの街頭演説で語った。
 調査ミスなどの発覚後、首相が秋田県入りしたのは初めて。
 「国民の安全と命を守り抜いていく上において、イージス・アショアはどうしても必要だ」とも語り、配備に対する理解を求めた。
 演説で「地域や国民の皆さんの理解がなければ安全保障政策を進めることはできない」と指摘。第三者の専門家を交えた再調査を徹底すると強調した。
 配備を巡っては、候補地の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を「適地」とした調査に誤りが見つかったほか、住民説明会で職員が居眠りをしたため、地元の強い反発を招いた。

関連キーワード


おすすめ情報