7月に東京五輪1周年記念式典 8月にはパライベント 都が開催 10月にハーフマラソンも

2022年1月12日 20時28分

東京五輪のモニュメント

 東京都は今年7~10月を東京五輪・パラリンピック大会1周年記念期間とし、スポーツイベントや「東京レガシーハーフマラソン」を開くと明らかにした。
 都は大会1周年記念事業(仮称)として新年度予算案に8億円を盛り込む方針で、小池百合子知事は「大会の記憶を共有するとともにレガシーを活用し、スポーツ振興につなげたい」と述べた。
 五輪開会式から1年の7月23日にメダリストや大会経験者が多数参加する記念セレモニーを開催。8月24日にはパラ開会式から1年の記念イベントも開き、セレモニーやエキシビションマッチを行う。昨年の大会は無観客だったため、多くの都民や子どもたちに観戦機会を提供するとしている。
 10月16日には、約1万5000人の参加を予定する東京レガシーハーフマラソンを開く。国際オリンピック委員会(IOC)の協力を得てトップ選手を招く。この他にも7~10月、スポーツイベントを開く。 (土門哲雄)

おすすめ情報

東京の新着

記事一覧