君津市「応援團」に78人 氣志團・綾小路翔さんが団長 地元ゆかり、魅力発信

2022年1月14日 07時34分

石井宏子市長(左)から団員証を受け取る小沢綾子さん=君津市役所で

 君津市は市制施行五十周年を記念し、地元にゆかりのある二〜八十歳の男女七十八人(男性三十六人、女性四十二人)を「きみつ大好きだぜ!応援團(だん)」の団員として任命した。イベントや個人のSNSを通じ、市の魅力を発信する。任期は一月一日〜二〇二四年三月三十一日。
 当初は約二十人を想定していたが、さまざまな年代から応募があり「君津を盛り上げたい」という意欲を感じたことから、応募者全員を任命することにした。応援団長はロックバンド「氣志(きし)團」のボーカル兼リーダーの綾小路翔さん=市立周西中学校出身。元プロ野球選手の内竜也さんやプロレスラーの大和ヒロシさんも団員に名を連ねた。
 身体の自由が奪われていく筋ジストロフィーと闘いながらシンガー・ソングライターとして活躍する小沢綾子さん(39)は昨年十二月二十三日、市役所で石井宏子市長から団員証を交付され「小さいころから育ってきた君津の大自然やグルメを発信していきたい」と笑顔を見せた。(山田雄一郎)

関連キーワード


おすすめ情報

千葉の新着

記事一覧