全日制志望率90・27% 最低更新<東京>

2022年1月8日 08時27分
 都教育委員会は七日、都内の区市町村立中学校を今春に卒業する七万六千四百二人を対象に行った進学志望状況の調査結果を発表した。全日制の志望率は昨年度から0・63ポイント減って90・27%となり、六年連続で過去最低を更新した。
 一方、通信制を志望する生徒が増えた。コロナ禍でオンライン授業が普及したことなどが通信制の人気を高めているとみられる。
 全日制を志望した生徒のうち、都立高の全日制を志望した割合は昨年度から0・19ポイント減って71・19%だった。都立の昼間の定時制高校を志望する割合は昨年度から0・5ポイント増えて2・69%。国立や私立、他県の公立高校を志望する割合は25・85%だった。(加藤健太)

関連キーワード


おすすめ情報