オランダ王室伝統の馬車使用停止 植民地主義を美化

2022年1月15日 06時10分 (共同通信)
 オランダ王室の「黄金の馬車」=2013年、ハーグ(AP=共同)

 オランダ王室の「黄金の馬車」=2013年、ハーグ(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】オランダからの報道によると、同国のウィレムアレクサンダー国王は14日までに、「黄金の馬車」と呼ばれる王室伝統の豪華な馬車の使用を停止すると発表した。側面の一方に描かれた絵が同国の植民地主義時代の過去を美化しているとの批判を受けていた。
 絵は「植民地からの貢ぎ物」と呼ばれ、黒人やアジア人が若い白人女性にひざまずくなどしながら品物を差し出す姿が描かれている。
 馬車は伝統的に、国王らを国会の開会式に送るために使われたが、2015年から使用されておらず、現在はアムステルダムの美術館に展示されている。

関連キーワード


おすすめ情報

国際の新着

記事一覧