県立高全日制1.1倍 進路希望調査<栃木>

2022年1月15日 07時22分
 栃木県教育委員会は、中学三年生などを対象にした進路希望調査(昨年十二月一日現在)の結果を公表した。県立高校全日制の進学希望者は一万二千五百五十五人で、募集定員に対する進学希望倍率は一・一〇倍と、前年同期と同率になった。
 倍率が二倍を超えたのは宇都宮中央の普通科(二・二〇倍)と宇都宮工業の建築デザイン系(二・〇八倍)、宇都宮白楊の食品科学科(二・〇三倍)。
 定員に満たなかったのは三十三校五十一科(系)あった。
 三月の卒業予定者は、前年同期より八十五人減の一万七千四百九十九人。高校や高等専門学校などへの進学希望率は98・8%で、前年同期比0・3ポイント増になった。
 調査結果は総合教育センターのウェブサイトで見ることができる。

関連キーワード


おすすめ情報

栃木の新着

記事一覧