英国ジョンソン首相の支持率最低20%に 相次ぐコロナ規制違反パーティー発覚 フィリップ殿下の葬儀前夜も

2022年1月15日 21時48分
官邸でのコロナ規制違反パーティーをジョンソン首相が謝罪したと報じる新聞=15日、ロンドン市内で(AP)

官邸でのコロナ規制違反パーティーをジョンソン首相が謝罪したと報じる新聞=15日、ロンドン市内で(AP)

 【ロンドン=加藤美喜】英首相官邸が新型コロナウイルス禍の複数のパーティー開催疑惑で集中砲火を浴びる中、新たに昨年4月、エリザベス女王の夫フィリップ殿下の葬儀前夜にも官邸で2件のパーティーが開かれていたことが明らかになった。官邸は14日、王室に謝罪したが、相次ぐコロナ規制違反の飲み会に、与党からもジョンソン首相への辞任要求が出始めた。首相支持率は就任以来最低の20%を記録。不祥事は底無しの様相を呈している。
 英紙デーリー・テレグラフが13日、フィリップ殿下の葬儀前夜の昨年4月16日に官邸で2件の送別会が開かれ、計30人が参加していたと報じた。会は日付が変わるまで続き、参加者はダンスに興じ、「スーツケースいっぱいにワインを買い足して戻ってきた」との証言が掲載された。

◆パーティー疑惑は10件近く

 当時はロックダウン(都市封鎖)中ではなかったが、屋内で同一世帯以外の集会は禁じられていた。コロナ対策のため女王は殿下の葬儀に1人で社会的距離を保って参列。その様子はコロナ下の象徴的な光景として国民に刻まれている。
 報道を受け、官邸は王室に電話で謝罪。首相は2件の会には参加しなかったが、官邸周辺ではこれまで10件近いパーティー疑惑が報じられており、2020年5月の都市封鎖下のパーティーには首相自身も参加を認めて謝罪した。ただし「仕事の行事と思った」と弁明したことで、世論は反発。世論調査会社ユーガブの14日発表の調査では、首相の支持率は19年7月の就任以来最低の20%まで下落した。

◆後継首相の名前も取り沙汰

 現在、政権内では一連の疑惑の調査が行われており、月内にも結果が公表される予定。英メディアでは早くも後継者にスナク財務相やトラス外相の名前が取り沙汰されており、首相は崖っぷちに立たされている。

関連キーワード


おすすめ情報

国際の新着

記事一覧