G20 経済格差や環境議論 首脳宣言採択に向け調整

2019年6月29日 16時00分

G20大阪サミットの2日目の討議に臨む各国首脳ら=29日午前、大阪市住之江区で(代表撮影)

 大阪市で開かれている二十カ国・地域首脳会議(G20サミット)は二十九日午前、二日目の討議に入り、首脳宣言の取りまとめに向けた詰めの調整を進めた。世界経済の減速に直結する米中貿易摩擦の激化に対し、各首脳が懸念を深める中、議長国の日本は自由貿易推進を前面に示したい考えだ。
 この日は経済のグローバル化で生じた格差の問題を話し合う会合が開かれ、安倍晋三首相は「成長の果実を社会の隅々まで行き渡らせていく。特にイノベーション、人口動態の変化、ジェンダー不平等がもたらす格差にしっかり対処していきたい」と語った。海洋プラスチックごみなど国際的な環境問題も集中的に議論する。環境問題について首相は「結束した姿を打ち出したい」と述べた。
 首脳宣言を巡っては、自国第一主義を掲げる米国のトランプ大統領への配慮から、「保護主義と闘う」といった文言が昨年の前回サミットに続いて盛り込まれない見通し。ただ、二十八日の討議で米中貿易摩擦への不満が相次いだことを踏まえ、両国の緊張緩和にもつながるメッセージの明記を目指す。 (渥美龍太)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧