<新型コロナ>神奈川県で1751人感染 成人式の同窓会など各地でクラスター

2022年1月16日 18時38分
 神奈川県内で16日、新たに新型コロナウイルスに1751人が感染したと判明した。県と6市の保健当局が発表した。
 横浜市は658人の感染を発表。このうち3人は横浜新緑総合病院(緑区)の職員。既に判明していた職員2人と合わせ、クラスター(感染者集団)と認定した。クラスターが発生したショートステイ施設、デイサービス施設、私立高校運動部でそれぞれ14人、23人(他自治体発表分を含む)、1人の陽性が分かり、感染者は計27人、50人、18人となった。
 川崎市は480人の感染者を発表した。20代が179人で最も多く、4割近くを占めている。
 感染者のうち80代〜100歳以上の男女5人は、麻生区の特別養護老人ホームの入居者。12日に陽性が判明していた男性職員の濃厚接触者で、ほかに職員2人の陽性も分かり、計8人のクラスターと認定した。
 クラスターが発生していた多摩区の特養老人ホームでも新たに80〜90代の男女4人の入居者とスタッフ2人の感染が判明。クラスターは計13人となった。
 県は231人の感染を発表。鎌倉保健福祉事務所管内のコロナ患者を受け入れていない病院で入院患者2人が陽性となり、既に判明していた入院患者と医療従事者と合わせ、計6人のクラスターと認定した。平塚保健福祉事務所管内の同窓会参加者7人、同管内の障害者福祉施設の職員3人が陽性となり、クラスターは22人、13人となった。
 相模原市は162人の感染を発表。このうち13人は10日の成人式を前に8日に開かれた中央区内の中学校の同窓会の参加者。既に判明していた13人と合わせ、計26人のクラスターと認定した。別の2人はクラスターの発生した大学運動部の部員で、感染者は計13人になった。
 藤沢市は52人の感染を発表。市内の高齢者施設で入所者3人が陽性となり、既に判明していた入所者と職員計4人を含め、7人のクラスターと認定した。
 茅ケ崎市は72人の感染を発表。10日に開かれた成人式終了後に飲食店で会食した男女11人、4人の陽性が判明していた小中学生のスポーツ団体の子ども3人が陽性となり、いずれもクラスターと認定した。管内医療施設で8人が陽性となり、クラスターは計53人となった。
 横須賀市は96人の感染を発表した。

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧