坪内逍遥の神髄 資料30点で知る 熱海市立図書館で企画展

2022年1月17日 07時16分

坪内逍遥自筆の覚書

 代表作「小説神髄」で知られる小説家で劇作家の坪内逍遥(一八五九〜一九三五年)の命日(二月二十八日)を前に、熱海市立図書館で企画展「坪さんの書棚〜坪内逍遥蔵書コレクション展〜」が開かれている。初公開も含め約三十点を展示している。二月二十七日まで。
 逍遥は晩年を熱海で過ごし、熱海市歌(当時は町歌)を作詞するなどした熱海ゆかりの文筆家。図書館は一九一五(大正四)年十一月十日、逍遥が寄贈した三千冊以上の蔵書などを基に、熱海尋常高等小学校内に町立熱海図書館として誕生した。

初公開した「熱海ページェント事代主仮面絵」

 その後、旧市役所庁舎などへの移転をへて、同市上宿町の現在地に至った。逍遥は図書館のキャラクター「坪さん」のモチーフにもなっている。
 企画展では、逍遥が寄贈した「熱海ページェント事代主仮面絵」を初めて公開。熱海の歴史を題材に、逍遥が執筆した「熱海ページェント」の劇中で使う仮面の下絵を収録し、台本と一緒に展示している。町立熱海図書館の設立に際し、運営の助言を記した逍遥自筆の覚書もある。
 図書の寄贈者名などを手書きで記録していた時代の資料目録「図書原簿」も初めて展示され、逍遥の名前が含まれていることが読み取れる。
 同館の担当者は「命日を前にもう一度、図書館の創立にも関わった逍遥のことを知ってもらえたら」と話す。展示最終日の二月二十七日は午後三時まで。(山中正義)

坪内逍遥が寄贈した資料などを展示する企画展コーナー=いずれも熱海市立図書館で


関連キーワード


おすすめ情報