菅氏「全くない 米に確認」 日米安保破棄言及

2019年6月26日 02時00分
 トランプ米大統領が日米安全保障条約の破棄に言及したとの報道に関し、菅義偉(すがよしひで)官房長官は二十五日の記者会見で、米ホワイトハウスに事実ではないと確認したと明らかにした。
 菅氏は「報道にあるような話は全くない。米大統領府から『米政府の立場と相いれないものである』と確認した」と指摘。「日米安保条約に基づく日米安保体制は、日米同盟関係の中核をなすものだ」と強調した。
 防衛省の青柳肇報道官は記者会見で、トランプ氏が日米安保条約の片務性に不満を持っていることに対し、条約が米軍に日本施設の使用を認めていることなどから「条約全体としてみれば義務のバランスはとられており、片務的ではない」との認識を示した。
 同省幹部は「日本が世界で最も効率的に基地負担をしている。トランプ氏も理解しているはずで、安保条約破棄などあり得ない」と話した。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧