ヨーカドー閉店、空洞化防げ 日立駅前に期間限定ショップ

2022年1月18日 07時44分

レジの前で長い列をつくる買い物客ら=日立市幸町で

 日立市のJR日立駅前の「イトーヨーカドー日立店」が十六日に閉店したことを受けて、駅前エリアの空洞化を防ごうと、市や地元商店会でつくる「日立駅前地区活性化委員会」は十七日、生鮮食品などを扱う期間限定ショップを隣接ビル内にオープンした。
 ショップは、東鉱ビル一階の旧みずほ銀行日立支店の約六十坪。市内の農園「樫村ふぁーむ」やあかつ水産、全国に展開する生活雑貨店「無印良品」が出店した。各事業者は売り上げを参考に、ヨーカドーの後継テナントとして出店の可否を検討する。
 初日は午前十一時の開店直後から多くの買い物客が訪れ、レジ待ちの長い列ができた。弁当を購入した市内の主婦稲田羽石(はねいし)さん(92)は「ヨーカドーは週二回ほど利用していたので閉店は残念。新しいショップができたのは良かったが、こんなに混むのは今日だけではないか」と話した。
 オープン期間は二月二十八日まで。営業時間は午前十一時〜午後七時。無休。週末には周辺でフリーマーケットなどのイベントを予定している。
 問い合わせは、市商工振興課内の委員会事務局=電050(5528)5104=へ。(佐藤圭)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧