75歳以上、死亡事故2倍 74歳以下と比べ深刻 交通白書

2019年6月21日 16時00分
 政府は二十一日の閣議で、二〇一九年版「交通安全白書」を決定した。七十五歳以上の高齢者が一八年に起こした死亡事故は、運転免許証を保有する十万人当たりの換算で八・二件に上り、七十四歳以下の約二・四倍に達した。年代別に同じ換算で見ると、十六~十九歳が一一・四件と最も多く、八十歳以上が一一・一件で続いた。高齢者の重大事故が問題化する中、データで深刻さが裏付けられた形だ。
 三十代の事故件数は運転免許証を保有する十万人当たりの換算で二・九件、四十代は三・〇件、五十代は三・三件だった。
 東京・池袋で乗用車が暴走し母子二人が死亡した事故などを踏まえ、白書は「高齢運転者の交通事故防止対策について」との特集記事を掲載。安全運転サポート車の普及促進や、高齢者が運転しなくても暮らせる環境づくりなどの取り組みを紹介した。「加齢による身体変化を技術や社会により助け、自立できる社会を目指すことが不可欠だ」と指摘した。

関連キーワード

PR情報