<新型コロナ>神奈川県で新たに1990人感染、前週の5倍 成人式後の会食でクラスター

2022年1月18日 18時23分
 神奈川県内で18日、新型コロナウイルスに感染した川崎市の90代女性の死亡と、新たに1990人の感染が判明した。県と6市の保健当局が発表した。
 川崎市によると、死亡した女性は13日に発熱と呼吸苦を訴え、陽性が判明。17日に亡くなった。新規感染は466人。
 横浜市は743人(青葉100、鶴見65、旭53、緑、都筑各50、港北47、保土ケ谷42、神奈川、金沢各38、南、戸塚各35、瀬谷34、泉31、港南28、中25、磯子24、西18、栄3、市外27)の感染を発表。市立中で生徒9人、市立小で児童4人、横浜新都市脳神経外科病院(青葉区)で職員4人の感染が判明。それぞれ感染者は計12人、8人、8人となりクラスター(感染者集団)と認定した。
 県は290人。鎌倉保健福祉事務所管内の病院のクラスターは2人増えて計10人になった。同事務所管内の民間保育園、厚木保健福祉事務所管内の民間幼稚園で、ともに園児4人の陽性が判明し、感染者はそれぞれ計6人、7人となりクラスターと認定した。また、3グループ計5人はそれぞれ成人式後の会食で感染したとみられ、会食の規模は5人、30人、60人という。
 相模原市は153人。このうち2人は中央区の保育園の園児と職員で、感染者は計7人となりクラスターと認定。中央区の同窓会参加者が2人、大学運動部の学生1人が増え、クラスターはそれぞれ36人と14人になった。
 茅ケ崎市は118人。中等症の30代男性は基礎疾患があり、ワクチン未接種という。スポーツ団体で2人、2件の会食で7人と4人が陽性になり、クラスターは9人、26人、17人になった。
 藤沢市は72人。小学校で児童ら6人のクラスターが発生。発表済みの小学校で1人が陽性となりクラスターは7人になった。
 横須賀市は148人。教育保育施設で7人、高校で7人のクラスターが発生。発表済みの教育保育施設で11人が陽性となり、クラスターは26人になった。
 また、相模原市は17日に発表した20代の男子学生2人は同一人物だったため、1人を取り消した。

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧