<新型コロナ>大規模接種会場 茨城県、5カ所で来月再開 水戸市も独自に1カ所

2022年1月19日 07時40分
茨城県庁

茨城県庁

 茨城県は十八日、新型コロナウイルスワクチンの三回目接種に向け、大規模接種を二月上旬から県内五会場で再開すると発表した。二回目接種から六カ月以上経過した十八歳以上の県民を対象に、各市町村のコールセンターや予約サイトから予約を受け付ける。
 五会場のうち、県庁福利厚生棟(水戸市)、産業技術総合研究所(つくば市)、古河市生涯学習センター総和、鹿島セントラルホテル(神栖市)の四会場は昨年六〜十一月に設置した会場と同じ。県立医療大(阿見町)に代わり、新たに牛久運動公園武道館(牛久市)に設置する。
 各会場とも、一日当たりの接種者数は四百〜七百人。二月二〜八日の間に開設し、七月末まで、月曜を除く週六日運営する。米モデルナ製ワクチンを使う。
 水戸市も二月五日から、市独自の大規模接種会場を再開すると発表した。同市見川町の市総合運動公園体育館を会場に、一日最大千三百人に接種する。開設日は当面は土日のみ。モデルナ製ワクチンを用いる。(長崎高大)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧