<新型コロナ>茨城県で新たに393人感染 過去最多を更新

2022年1月20日 01時01分
 茨城県と水戸市は19日、新たに393人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者数は昨年8月14日の391人を上回り、過去最多を更新した。県内の感染者の累計は計2万6908人になった。
 新規感染者の居住地の内訳は、つくば市48人、水戸市44人、古河市43人、取手市26人、筑西市19人など。年代別では30代以下が全体の7割近くを占め、若年層の感染が目立つ。
 クラスター(感染者集団)が疑われる事例は新たに4件を発表。県西地域の小学校では計10人、鹿行地域の高校では計8人の感染者が確認されている。
 19日までの1週間の新規感染者数は1900人で、前週の約4倍に急増。病床稼働率は19日現在17・1%で、1週間前の1.7倍に増えた。
 県と水戸市は131人の退院などを発表。退院者などは計2万4362人になった。(長崎高大)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧