NHK五輪番組字幕問題 担当ディレクターが金銭授受の裏付け取材せず

2022年1月19日 20時00分
 NHKがBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」で、五輪反対デモに参加した男性が金銭で動員されているという、事実と異なる字幕を付けた問題で、NHKは19日、担当ディレクターが制作中にプロデューサーから事実の確認を求められたにもかかわらず、金銭の授受などの裏付け取材をしていなかったことを明らかにした。
 正籬まさがき聡放送総局長は定例記者会見で「ジャーナリストとして基本中の基本の事実を確認するということがおろそかだった。本当に申し訳ない」とあらためて陳謝した。
 番組は東京五輪の公式記録映画の監督を務める河瀬さんに密着したドキュメンタリー。NHKによると、担当ディレクターは、映画のスタッフに「デモに参加する意向がある」と男性が話していたことを確認しただけで、直接本人から裏付けを取らないまま、事実確認をしたとプロデューサーに報告。プロデューサーも詳しい説明を求めなかった。
 また編成局の担当者は、デモの参加者に対しても「デモをされていた方が問題であるようなことを意図したわけではないが、結果的にご迷惑をおかけした」と謝罪した。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報