<新型コロナ>茨城県で新たに477人、2日連続で過去最多更新 東海第二原発でも1人感染

2022年1月20日 20時52分
 茨城県と水戸市は20日、新たに477人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者数は19日の393人を上回り、2日連続で過去最多を更新。県内の感染者の累計は2万7385人になった。
 居住地の内訳は、つくば市87人、水戸市41人、土浦市38人、古河市29人、筑西市25人、ひたちなか市23人など。30代以下が全体の約7割を占める。
 クラスター(感染者集団)が疑われる事例は新たに7件を発表。小学校3件、保育施設3件、高校1件で、それぞれの感染者数は5~9人となっている。
 県と水戸市は124人の退院などを発表。退院者などは計2万4486人になった。
 日本原子力発電は、東海第二原発(東海村)で働く協力会社の社員1人が感染したと発表した。構内に濃厚接触者はおらず、原発の安全管理に影響はないとしている。
 日本原子力研究開発機構は、核燃料サイクル工学研究所(東海村)で働く請負企業の作業員1人の感染を発表。原子力施設の保安維持に影響はないとしている。(長崎高大)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧