<新型コロナ>神奈川県で新たに3412人感染 2日連続で過去最多更新

2022年1月21日 18時28分
 神奈川県内で21日、新たに3412人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。20日に続き、2日連続で過去最多を更新した。
 横浜市は1108人。調査中の44人を除く全員が軽症か無症状。新たなクラスター(感染者集団)は7件で、保育所2カ所、幼稚園、グループホーム、市立小学校、県立高校、福祉施設で発生した。
 また市は、19日にクラスター認定した児童福祉施設に勤める30~60代の市職員5人が21日までに陽性になったと発表した。1人は宿泊療養、4人は自宅療養中。
 川崎市は1314人の感染を発表。前日の992人を上回り、2日連続で過去最多を更新した。市内の高齢者施設3カ所、保育施設3カ所、幼稚園1カ所の計7カ所で、新たなクラスターを認定した。
 クラスターと認定された保育施設のうち1カ所で園児18人と保育士2人の陽性が判明し、感染者は計32人に上った。高齢者施設は、麻生区のグループホームで職員と利用者の9人、多摩区の有料老人ホームで職員4人、宮前区の老人保健施設で職員と入所者の4人の陽性が判明し、クラスターは計13人、計8人、計7人となった。
 クラスターが発生していた高津区の高齢者施設でも、新たに入居者と介護士の22人が陽性となり、感染者は計30人となった。
 県は375人を発表。鎌倉保健福祉事務所管内の新型コロナ患者を受け入れていない民間病院で5人のクラスターが発生した。同事務所管内では別の民間病院でもクラスターが発生しており、入院患者4人が新たに感染して計15人になった。
 相模原市は236人の感染を発表した。このうち7人は中央区の保育園の園児と保育士で、計11人のクラスターと認定。市内にある別の3園と小学校、大学運動部のクラスター計5件で1~13人増え、計9~23人となった。
 茅ケ崎市は133人の感染を発表。管内医療施設と成人式後の会食のクラスターが計70人と9人に増えた。中等症の80代男性は同医療施設の入院患者で基礎疾患がありワクチン接種済み。
 横須賀市は122人。クラスターは教育保育施設4件で計36人、21人、14人、9人、高校で8人に増えた。
 藤沢市は124人。福祉事業所で介護士ら2人が陽性になり、計6人のクラスターと認定した。小学校と認可保育所のクラスターが計22人と7人に増えた。

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧