与野党、丸山氏糾弾決議案を提出 衆院あす可決へ

2019年6月5日 16時00分
 自民、立憲民主両党など与野党八党派は五日午前、戦争による北方領土奪還に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=に、進退を直ちに決断するよう促す糾弾決議案を衆院に共同提出した。六日の衆院本会議で可決される見通しだ。丸山氏は議員辞職を重ねて否定している。
 決議案は、丸山氏の発言を「憲法の平和主義に反する」と非難した。泥酔して問題行動を繰り返したことに触れ、衆院の権威と品位を「著しく失墜させた」と批判。「国会議員としての資格はない」と断じた。
 衆参両院によると、国会議員に対する糾弾決議案の提出は初めて。可決されても法的拘束力はない。丸山氏に対しては、与党がけん責決議案、野党が議員辞職勧告決議案をそれぞれ提出していたが、取り下げた。
 野党側は、糾弾決議案が進退の判断を迫っていることから、賛成する方針で折り合った。与野党は全会一致の可決を目指す。
 丸山氏は三日に衆院議院運営委員会に提出した弁明書で進退に関し「最終的には選挙での有権者の判断によるものだ」と主張した。 (川田篤志)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧