<新型コロナ>茨城県で新たに639人の感染確認 小学校8件を含む14件の新たなクラスター発生か

2022年1月22日 19時24分
(左から)茨城県警、茨城県庁、茨城県県議会

(左から)茨城県警、茨城県庁、茨城県県議会

 茨城県と水戸市は22日、新たに639人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。前日21日から44人増加し、4日連続で過去最多を更新した。県内の感染者は計2万8618人となった。
 新規感染者の居住地の内訳は、つくば市81人、古河市57人、水戸市51人、筑西市38人、土浦市31人など。年代別にみると、20代が126人で最も多く、10代の117人、10歳未満の102人、30代の100人が続く。
 クラスター(感染者集団)が疑われる事例は、新たに14件確認された。小学校が8件で最も多く、地域別では県南が最多の7件。このほか、クラスターが発生した県警察学校(茨城町)では、新たに学生23人の感染が判明し、累計は44人となった。
 療養中の感染者は22日現在で、3007人と過去最多の水準で推移。自宅療養者も2366人に上っている。(佐藤圭)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧