<新型コロナ>西東京市が小中学をオンライン授業に 25日から

2022年1月23日 07時14分

パソコンに向かってクラスの生徒に出席を取る教員。写真右側には大画面モニターも設置されている=西東京市で(田無第四中学校提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、西東京市は市立の全小中学校27校の授業について25日から、タブレット端末を利用して家庭と学校をつなぐオンラインに切り替えると発表した。19日から中学3年生のみ先行して始めていた。(花井勝規)
 期間は二十八日までで、土曜日に授業がある学校は二十九日までを予定している。市教育指導課は「感染状況次第で期間延長も検討する」としている。 
 昨年九月にオンライン授業を実施した際は、児童生徒らが給食時間には登校して分散教室で食べられる態勢を組んだが、今回はオミクロン株の感染力の強さや急速な感染拡大を考慮し、給食の提供はしないという。
 市内では二十日時点で小学校六校の児童十人の感染が新たに判明するなど感染が広がりつつある。

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧