ドナルド・キーンさん生誕100年 来月23日、北区で催し

2022年1月23日 07時14分

 北区で四十五年暮らした日本文学者の故ドナルド・キーンさん(一九二二〜二〇一九年)=写真=の生誕百年に合わせ、ドナルド・キーン記念財団が命日の前日にあたる二月二十三日、区飛鳥山博物館(王子一)で催しを開く。
 二〇〇六年にあった講演会の映像を再編集して上映。キーンさんが自ら研究した渋沢栄一の日記や、永井荷風ら文学者との交流を語る様子が収められている。また、キーンさんの養子で、本紙特報面で隔週月曜に「ドナルド・キーンが遺(のこ)した『日本を寿(ことほ)ぐ』」を連載中のキーン誠己(せいき)さん、友人の翻訳家角地(かくち)幸男さんが思い出を語る。
 入場無料。往復はがきの往信面に「ドナルド・キーン記念事業」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、返信面に必要事項を記入し、〒114−8503北区地域振興部文化施策担当課「ドナルド・キーン記念事業」係に申し込む。定員七十人。応募多数の場合は抽選。一月三十一日必着。
 問い合わせは同課=電03(5390)0093=へ。(西川正志)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧