女子野球・ジャイアンツの一番星に! 硬式チーム入団内定 23年から活動 平成国際大・金満梨々那選手

2022年1月23日 07時17分

巨人の女子硬式野球チームの1期生に内定した金満選手=加須市の平成国際大で

 プロ野球巨人が二〇二三年からの活動を目指して創設する女子硬式野球チームに、県内から平成国際大(加須市)の金満梨々那(かねみつりりな)選手(22)の入団が内定した。金満選手は「一期生としてチームの土台をつくり、女子選手から憧れられるチームにしていきたい」と意欲を燃やしている。
 日本野球機構(NPB)の球団による女子チームの創設は埼玉西武、阪神に続き三球団目。金満選手は巨人が発表した最初の内定四選手のうちの一人に選ばれた。
 神奈川県横須賀市出身で学童野球チームや女子中学生のクラブチーム、開志学園高校(新潟市)を経て平成国際大に入った。大学では捕手で四番、主将を務め、チームを引っ張った。強肩と強打が持ち味。同大は二一年の全国大学女子硬式野球選手権大会で準優勝を果たした。
 球団からの正式な打診は昨年十月ごろにあり、「ジャイアンツに女子チームができて女子野球の発展につながると思い、うれしかった」と振り返る。
 小学校の卒業アルバムに書いた「女子プロ野球選手になる」という夢を実現させた金満選手。女子野球の魅力を「笑顔で楽しくやりつつ、一生懸命な泥くささもあるところ」と説明し、「全力疾走、全力プレーを見せたい」と話した。今後は二三年のチーム始動に向けて準備する。(寺本康弘)

関連キーワード


おすすめ情報