丸山氏の問題行動確認 政府報告 酔って下品な発言

2019年5月31日 02時00分
 衆院議院運営委員会は三十日の理事会で、丸山穂高衆院議員=写真、日本維新の会を除名=が戦争で北方領土を取り返すことの是非などに言及した問題に関し協議した。政府側が北方領土へのビザなし交流訪問における丸山氏の言動を報告。酒に酔って下品な発言を繰り返し、禁止された外出を試みて他の参加者ともみ合いになるなど丸山氏の問題行動を確認した。
 報告を踏まえ、理事会は丸山氏に対し、弁明文書を六月三日までに提出するよう求めた。
 報告によると、丸山氏は五月十一日夕、国後島のロシア人家庭を訪問してコニャック十杯以上を飲んだ。宿舎に戻った後「ネオンがついている所は飲み屋か」「女性がいるのか」「おっぱいをもみに行きたい」などと翌十二日午前一時ごろまで騒いだ。宿舎からの外出を止められると「不逮捕特権で逮捕されない」などと発言した。
 食堂ではコップで机をたたき、元島民である団長の耳元で「北方領土は戦争で取り返せばいい」と大声を出したという。
 理事会では、丸山氏が外出してロシア当局に拘束された場合に関する質問があり、外務省幹部は「調書にサインをしたら日本の法的立場を困難にした」と答えた。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧