NHK、ネット同時配信へ 改正放送法が成立

2019年5月29日 16時00分
 NHKにテレビ番組のインターネット常時同時配信を認める改正放送法が二十九日の参院本会議で、与党などの賛成多数により可決、成立した。NHKは本年度中にネット向けの新サービスを始める計画。受信料契約を結ぶ人は、追加負担なしに、ネットでリアルタイムに番組を見られるようになる。改正法は、民放の事業を圧迫しないようにする措置も定めた。
 改正前は、NHKが同時配信できるのは災害報道や一部のスポーツ中継などに限られていたが、スマートフォンなどを通じたネット視聴の広がりに対応する。同時配信は遅くとも、東京五輪の聖火リレーが始まる来年三月に間に合わせる考え。新サービスは契約世帯の人が対象で、追加料金は求めないとしている。
 放送・通信の垣根が低くなりそうな半面、民放にはNHKの肥大化を懸念する声があり、改正法は配信の内容や費用に関する基準を策定、公表することをNHKに義務付けた。基準が守られない場合、総務相が順守するよう勧告できる。
 NHKの監査委員に役員の責任を追及する役割を与えるなど、相次ぐ不祥事を踏まえた企業統治の強化策も盛り込んだ。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧