紛争で就学奪われた スーダンの子へ教育を 支援のJVC 寄付呼び掛け

2022年1月24日 06時42分

2020年11月、スーダン南部で、JVCの運営する補習校で読み書きを習う子ども=JVC提供

 アフリカ北東部スーダンの学校に通えない子どもたちを支援するため、認定NPO法人「日本国際ボランティアセンター(JVC)」(台東区)が、古本など家庭の不用品の寄付を募っている。集まった不用品を業者に売却して現金化し、全額を現地の子どもの教材費や給食費などに充てる。二月末まで受け付ける。(蜘手美鶴)
 スーダンでは地域紛争などの影響で就学できない子どもが多く、国連教育科学文化機関(ユネスコ)によると、二〇一八年時点で約二百八十一万人が義務教育を受けていない。JVCは南コルドファン州で不就学児童のための補習校を運営しており、昨年は三百人が読み書きなどを学んだ。
 JVCが募るのは不要な本、CD、DVD、ゲーム機、家電、貴金属など。集まった不用品は、JVCの活動に賛同する中古品買い取り業者が通常より10%高値で買い取るという。JVCのウェブサイトで集荷日と場所を指定すれば、業者が無料で回収に訪れる。一点からでも申し込み可能。
 JVCによると、古本約十五冊で子ども一人分の文房具と教材セットを用意できるといい、担当者は「家庭の不用品がスーダンでは子どもを助ける大きな力となる。日本から遠い国かもしれないが、ぜひ支えてほしい」と話す。
 インターネットで「あなたの本で、スーダンの子どもたちに教育を!」と検索。(問)JVC=電03(3834)2388
 ※不用品の寄付申し込み先はこちらから

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧