土石流 犠牲者の冥福祈る 熱海・伊豆山神社で神事

2022年1月24日 07時33分

犠牲者の安寧を祈り、玉串をささげる参列者ら=熱海市の伊豆山神社で

 熱海市伊豆山(いずさん)の土石流災害の犠牲者を慰霊する神事が二十三日、伊豆山神社で執り行われ、遺族らが犠牲者の安寧を祈った。
 伊豆山地区では、数字の語呂合わせで一月二十三日を「伊豆山の日」と命名しており、神事はこの日に合わせて実施。地元町内会などでつくる「熱海伊豆山で心をつなぐ集い」が初めて主催した。遺族や町内会関係者ら約三十人が出席し、代表者が玉串をささげるなどした。土石流でおじの孝広さん一家三人を亡くした松本啓さん(39)は「まだ一人見つかっていないので一日も早く見つかってほしい」と願った。
 伊豆山地区連合町内会の当摩達夫会長は「まだ気持ちの整理が付かない人もいる。慰霊をしていくとともに、この集いで伊豆山の復興にも向かっていければいいと思う」と話した。
 今後は毎月三日の月命日に、地区内の伊豆山神社か、般若院で神事を行う。(山中正義)

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧