犬に読み聞かせ 子どもの自信に 流山で「わんわん読書会」

2022年1月25日 07時22分

シーズーに絵本を読む女児

 犬に本を読み聞かせる「わんわん読書会」が十六日、流山市立おおたかの森こども図書館で開かれた。参加した子どもたちは犬とふれあいながら、リラックスして絵本の世界を楽しんだ。(牧田幸夫)
 このプログラムは一九九九年に米国ユタ州で始まり、欧州などに広まった。犬は読めないことを批判したり、読み方を間違えても笑ったりしないため、読書が苦手な子どもも安心して音読ができる。本好きになるほか、自分に自信を持つメンタル面の効果も指摘されている。
 国内では三鷹市立図書館が二〇一六年に導入。おおたかの森こども図書館は一九年度に県内で初めて取り入れ、各回定員八人で計八回開催した。しかし翌年度以降は新型コロナウイルスの感染拡大で、休会していた。
 再開したこの日は、前回同様に日本動物病院協会(JAHA)の全面協力で実施。協会ボランティアが訓練した柴犬やラブラドルレトリバーなどセラピー犬四匹が来場し、読み手は市内在住の小学一〜三年生の四人が参加。二人ずつ二回に分けて行った。
 子どもたちはまず「大声を出さない」「突然触らない」など犬との接し方を学んだ。この後、パーテーションで仕切られた会場で飼い主の隣に座る犬と対面。約十五分間、持参した絵本を声を出して読んだ。

読み聞かせを前に犬の接し方について学ぶ参加者=いずれも流山市で

 小学一年の女子児童は雌のシーズーに「おばけのゆきだるま」など三冊を読み上げた。「わんちゃんは静かに聞いてくれた。途中から気持ちよさそうに居眠りしてた。交流できて楽しかった」と笑顔で振り返った。
 同図書館の指定管理者、すばる図書館事業部司書の横田英彦さん(65)は「犬のために本を選び、読んであげることで、子どもたちは自己肯定感や達成感を感じることができる」と説明。コロナの感染状況次第だが、二二年度も「わんわん読書会」を全九回開く予定だ。

関連キーワード


おすすめ情報