【動画】仲良く遊んでいるよ! 上野動物園の双子パンダ、シャオシャオとレイレイ

2022年1月25日 16時44分
 東京・上野動物園は25日、昨年6月23日に誕生した双子のジャイアントパンダ、雄シャオシャオと雌レイレイの様子を公表した。2頭は25日で216日齢を迎えた。動物園は1月11日から新型コロナウイルスの感染拡大で休園中だが、シャオシャオとレイレイは母親のシンシンとともに園内で元気にすごしている。

シンシンと双子(左:シャオシャオ、中央:レイレイ)

 シャオシャオとレイレイとも健康状態は良好。体重も順調に増えており、25日(216日齢)に行った体重測定では、シャオシャオは15.90キログラム、レイレイは15.55キログラムだった。室内の木に登ったり、2頭でじゃれあったり、活発に動き回っている。

左:シャオシャオ、右:レイレイ(ともに215日齢)=24日撮影、いずれも東京動物園協会提供

 動物園が公開した動画には、母親シンシンのかたわらで、タケをかむ様子も。ただ、まだタケを食べているわけではないという。シャオシャオの背中には、夜間の様子をレイレイと区別するために印がつけられているが、母子ともに気にする様子はないという。
 次回の双子の様子の公表は2月1日午後3時の予定。

関連キーワード


おすすめ情報