<花前線>梅の花 見頃迎える

2022年1月26日 07時32分

◆埼玉

所沢航空記念公園(6日撮影)

★所沢航空記念公園(所沢市並木、西武新宿線航空公園駅徒歩すぐ)ロウバイ園に、約100本が咲き、鮮やかな黄色い花と、甘い芳香が園内を包み込む。品種は、花弁の先端がとがったソシンと、花弁が厚く大きいマンゲツの2種類。見頃は、2月上旬まで。(電)04・2998・4388管理事務所

◆茨城

★偕楽園(水戸市常磐町、JR常磐線水戸駅バス約20分)開園180年を迎える日本三名園のひとつである偕楽園。約100種3000本が、2月下旬〜3月上旬に順次見頃を迎える。園内の梅の中でも、花の形、香り、色などが優れている品種を「水戸の六名木」とよび、白色一重咲きの大型の花をつける月影、同園創建者・徳川斉昭にちなんで命名された烈公梅などが咲く。2月11日〜3月21日、「第126回 水戸の梅まつり」を開催。入園料300円。(電)029・244・5454

◆神奈川

★三溪園(横浜市中区本牧三之谷、JR根岸駅バス約10分「本牧」下車徒歩約10分)明治39(1906)年に開園した、敷地面積約18万平方メートルの広大な日本庭園。横浜市の友好都市である中国・上海市から贈られた「緑萼梅(りょくがくばい)」、竜が地を這(は)うような枝ぶりをしていることから名付けられた「臥竜梅(がりょうばい)」=写真=などの珍しいものを含む、約500本が咲く。見頃は、2月上旬〜下旬。入園料700円。(電)045・621・0634

◆東京

★高尾梅郷(八王子市西浅川町−裏高尾町、JR中央線・京王線高尾駅、京王線高尾山口駅徒歩約15分)旧甲州街道と小仏川沿いの約4.5キロにわたって点在する8カ所の梅林に、約1万本が咲く。見頃は、2月中旬〜3月中旬。最も北の木下沢(こげさわ)梅林は斜面に約1400本の梅が広がり、3月5〜21日に特別開放する。梅林内にはトレッキングコースがあり、紅白の梅に囲まれながらの散策を楽しめる。(電)042・620・7378八王子市観光課。2月26、27日には「高尾梅郷梅まつり」を開催。(電)080・6758・1187高尾梅郷梅まつり実行委員会
<係から>今後の天候によって見頃が変わることがあります。また、施設の開設状況や予定されている行事などが変更、または中止となる場合があります。お出かけ前に、現地にご確認ください。
 お出かけの際は、感染対策に十分気をつけてください。紹介したイベントは中止や変更の場合があります。

関連キーワード


おすすめ情報