乳児暴行死、母親の無罪確定 横浜地検が控訴断念

2022年1月27日 19時01分
横浜地裁

横浜地裁

 生後1カ月の長男に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた母親(39)を無罪とした横浜地裁判決について、横浜地検は27日、控訴を断念したと明らかにした。控訴期限は26日で、無罪が確定した。
 奥山豪裁判長は、母親について統合失調症の影響で心神喪失状態だった疑いが残るとして、無罪判決を言い渡していた。判決によると、母親は2018年8月22日、神奈川県大和市の自宅で、長男を床に投げるなどして急性硬膜下血腫で死亡させた。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧